2007年05月21日

塩コーヒーとは

塩コーヒーには腸内環境を整える作用と腸壁についた汚れをすっきり取る作用があります。このことにより、スムーズに便が排出され、短期間にやせた人がいるみたいです。



腸内環境を整えることにより、やせたのかもしれませんね。
塩コーヒーで下剤も効かなかった便秘が解消、もう下剤に頼らなくてもスッキリ。
便の匂いがしなくなった。おなか回りお肉がスリムになる。肌もスベスベになる。
吹き出物や肌の荒れ、口臭まで解消する。肌が白くなった、などです。

気になるやり方は、レギュラーコーヒー(挽きたての)に、
小さじ1/4〜1/6の天然塩をを入れて飲むだけです。
1日1杯以上飲むようにすること。

もともとコーヒーには、善玉コレステロールを増やす作用、
それから体脂肪を分解して血液中に出す作用があります。

それに、天然の塩を少量加える事により、ミネラルの補給ができるそうです。
天然塩にはマグネシウム、カリウム、カルシウムなど含まれています。

もちろん、飲みすぎないように注意は必要です。なんでもやりすぎは良くないので。

それと、胃潰瘍や胃炎の人は飲むのを止めておいたほうがよいです。
なぜなら、コーヒーは胃液の分泌を促進する効果があるので。

ちなみに、ほんとに気になる味のほうですが、う〜んって感じです。
ダイエットするための薬?みたいなモノですので。
そこは妥協?もしくは、ガマンが必要かもしれませんね。

ダイエットより、便秘の方や、悪い方、試してみてはいかがでしょうか。
posted by cofe at 18:26| 塩コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。